ホームページの作成方法解説(書きかけ)

正確にはホームページコンテンツ(文書)の作成となります.
ここでは,ホームページに表示させる文書を手動(手打ち)で作成する方法について解説します.

1.ホームページのもと,htmlについて

ホームページを表示させるときには何を使いますか?インターネットエクスプローラやFireFOXなどのブラウザと呼ばれるソフトウェアを使うと思います.このブラウザがhtml(Hyper Text Markup Language)というもので書かれた文書(ソースファイル)を読み込んで文章のレイアウトや飾りなどを整形して表示させています.ブラウザの画面で右クリックすると「ソースの表示」と出てきますので試しにクリックしてみましょう.表示させているページに成形する前のソースが見えるはずです.「戻る」ボタンなどで以前のページに戻れます.別のウインドウやタブが開いた場合は確認後に右上の×をクリックしましょう.

2.ホームページを作ってみよう( html のソースファイル)

ホームページは,公開すればインターネットにつながっている世界中の人が閲覧することが可能となります.ですが,難しく考えないでください.上記のソースファイルを自分のパソコン内で作成することで自分のパソコンだけですが作成したページを表示させることができます.
記入した文章のレイアウトや各文字の飾りを決めるだけの命令文を記入すると表示できます.

まずは,以下の典型的なソースを書いてみましょう.パソコン内にある「メモ帳」などのテキストエディタと言われる編集ソフトで作成します.メモ帳はスタート⇒アクセサリ⇒メモ帳の順で開きます.
メモ帳を開くメモ帳

メモ帳を開いたら以下をコピーして,index.html というファイル名で保存してみてください.
<html>
<head>
<title>
試してみようホームページ作成
</title>
</head>
<body>
<h1>試してみようホームページ作成</h1>
こんにちは,お試しでホームページコンテンツを作成してみました.
</body>
</html>

保存したファイルをダブルクリックすると標準のブラウザで開くことができます.これが基本的な命令文だけで作ったホームページです.
sample_page

コメントは停止中です。