information2017年度 機器・分析技術研究会 in 長岡 開催案内

開催案内ダウンロード用PDF(874KB)

  • 開催目的

    機器・分析技術研究会は、全国の大学・高専及び大学共同利用機関に所属する技術系職員が、 機器・分析の技術に関連した研究発表や活発な討論を通じて自己研鑽と技術の向上、 技術職員相互の交流を図ることを目的としています。
  • 開催日

    平成29年8月29日(火)~ 8月30日(水)
  • スケジュール

    ■8月29日(火)■(1日目)
     9:00 ~ 11:00 特別企画 技術交流サロン「やってみせて・・・山本五十六と安全対策」
    話題提供:長岡技術科学大学 システム安全専攻 准教授 芳司俊郎
    11:00 ~受付
    13:00 ~開会式
    13:30 ~ 15:00特別講演 「南極氷床深層掘削とアイスコア分析」
    長岡技術科学大学 学長 東 信彦 (第36次日本南極地域観測隊ドームふじ越冬隊長)
    15:00 ~ 15:30次期開催案内・諸連絡
    15:45 ~ 17:15ポスター発表
    18:00 ~ 20:00情報交換会 [長岡グランドホテル]

    ■8月30日(水)■(2日目)
     8:00 ~ アオーレ長岡前から長岡技術科学大学まで、臨時無料バス3台を予定
     9:00 ~ 受付
     9:20 ~ 15:20口頭発表
     終了後閉会
    長岡技術科学大学からアオーレ長岡前まで、臨時無料バス3台を予定
  • 問い合わせ先

    E-mail:kiki2017@konomi.nagaokaut.ac.jp
  • 参加資格

    全国の大学・高専および大学共同利用機関に所属する技術系職員。
    上記以外で発表・聴講参加を希望される方は実行委員会にお問い合わせください。
    (聴講に参加資格制限はありません )
  • 参加費

    技術研究会 2,000円(当日:3,000円)不課税
    情報交換会 5,000円(当日:6,000円)消費税込
  • 参加費等の支払方法

    技術研究会ならびに情報交換会の参加費は、 ゆうちょ銀行の以下口座宛に8月4日(金)までに払い込みください。
    その際、払込取扱票の通信欄に必要事項をご記入のうえ、 ゆうちょ銀行(郵便局)の窓口または払込取扱票対応のATMで、 通常払込みにてお手続きください。
    なお、払込手数料は各自でご負担願います。

    口座記号番号 00520ー9ー86772
    加入者名機器・分析技術研究会 in 長岡
    通信欄 受付番号(登録時の自動返送メールに記載)
    郵便番号、住所、所属、氏名、電話番号
    払込取扱票サンプル

    ※技術研究会ならびに情報交換会の参加費返却について※
     技術研究会参加費は、技術研究会が中止となった場合も含めて、返却いたしません。
     情報交換会参加費は、それぞれの状況に応じて実行委員会で検討し対応するものとします。

    ※旅費について※
     参加者の旅費については、所属機関においてご負担ください。
  • 技術研究会までのスケジュール


    参加登録受付開始 2017年4月20日(木)
    発表者参加登録締切    7月 7日(金)
    報告集原稿締切    7月17日(月)
    聴講参加登録締切    8月 4日(金)
    参加費等郵便振込締切    8月 4日(金)
  • 登録情報(個人情報)の取り扱いについて

    発表および参加申し込みで収集した個人情報は、原則として本技術研究会の運営のみに使用します。
    例外として、次回以降に開催される機器・分析技術研究会の開催案内の連絡に用いられる条件に限り、
    参加者の氏名および所属、Eメールアドレスの情報を主催の実行委員会に譲渡する場合があります。
  • 発表について

    本研究会の発表形式は「口頭発表」および「ポスター発表」の2形式です。

    申込状況により発表形式の変更をお願いすることがございますのでご了承ください。
    技術研究会の趣旨にそぐわない内容は、発表申し込みをお断りする場合があります。
  • 発表分野について

  • 1 電子顕微鏡(SEM,TEM)
    2 磁気共鳴装置(NMR,ESR,etc)
    3 X線構造解析
    4 質量分析
    5 有機微量元素分析
    6 分光分析(IR,ラマン,蛍光,UV-Vis,CD,etc)
    7 原子吸光・発光分析・ICP分析・ESCA
    8 熱分析
    9 クロマトグラフィー・アミノ酸分析・電気泳動
    10 機器・分析技術に関する開発と改良
    11 設備・機器の維持管理および安全管理
    12 設備・機器の共通化
    13 その他
  • 発表形式

    口頭発表
    口頭発表 20分/人
    発表時間15分
    質疑応答4分
    交代時間1分
    *発表申込件数によって、発表時間を調整させていただくことがありますのでご了承ください。

    口頭発表設備
    プロジェクター、レーザーポインタを会場で用意します。
    パソコンは用意しませんので、発表者ご自身のパソコンで発表ください。
    プロジェクターとの接続は D-Sub 15pin のケーブルとなります。
    D-Sub 15pin 以外のコネクタ形状を備えたパソコンをご使用の場合は、変換コネクタをご用意ください。
    口頭発表会場にて無線LANを提供予定です.

    ポスター発表
    発表時間は 45 分間で、全体(90 分)を前半後半に分けて行います。
    ポスターサイズは最大で A0 サイズ縦(縦 1,189mm×横 841mm)までご使用いただけけます。
    ポスター発表者は当日の参加受付を済ませた後、原則、開会式までに各自で掲示をお願いします。
    発表者は発表時間にご自身のポスター前での常駐をお願いします。
    ポスター発表終了後に残っているポスターは、技術研究会終了後に処分させていただきます。

    ポスター発表設備
    ボードに準備されている専用のハンガーでポスターを吊るしてください(画鋲、テープでの貼り付けは、ご遠慮ください)。
    ポスター会場は、無線 LAN 接続サービス FreeSpot の提供エリアです。
    当日ポスター発表で、展示用の机・テーブルタップ(電源)等を希望される方は、報告集原稿締切日の7 月 17 日(月)までに、「問い合わせメールアドレス」にご連絡ください。可能な限り対応します。
    ボードと専用ハンガー ポスターを吊した例